社会福祉法人 喜成会

養護老人ホームとは?

環境的、経済的な理由から自宅で生活することが出来ない65歳以上の高齢者を受け入れる施設です。もともとは生活保護法の養老施設の流れをくんでいるもので、主に生活困窮者を対象としています。また公的機関の判定に基づいて入所が決定される措置施設にあたります。入所後は接遇に関する計画に基づき、社会復帰の促進及び自立のために必要な指導及び訓練、その他の援助を行うことにより、利用者が、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように目指します。

養護老人ホーム喜和の郷とは
(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)

養護老人ホームに入所した後に、要介護状態になった場合、介護保険サービスの利用が可能となり、利用者(家族)と契約を結んだ上で特定施設が契約している受託居宅サービス事業者(訪問介護・通所介護・訪問看護等)が特定施設の計画作成担当者によって策定された介護サービス計画をもとにサービスが提供されることとなります。

自立支援および寄り添うケアとは?

養護老人ホーム喜和の郷において基本的には、日常生活全般(掃除・洗濯・入浴等)出来ることは、ご自分でしていただいております。

そのやる気、自立心が利用者の方の“力強く生きる”といった言動や行動に反映されるものだと考えています。私達スタッフは、その自立心をそがないよう、依存心にも充分配慮し、我慢強く、さりげなく、なにげなく見守りや支援および介助をさせていただいています。

ハード面においてはユニットケア方式を取り入れ、各ユニットにおいて『寄り添い』と『ふれあい』の時間を設け、利用者との接遇の時間を大切にしています。寄り添うことにより、利用者のニーズを理解し把握した上で施設行事やイベント、また利用者接遇等の改善に反映させ、利用者の“思い”や“気持ち”をくみとり少しずつ利用者の方達の願いや望みを叶えられるようにと考えています。

サービスの内容

当施設はユニットケア方式の施設であり、居室は2階が2人部屋、3階が個室となっております。各ユニットは完全独立した食堂、キッチン、リビングを完備し、ゆとりのある施設生活を送っていただけるようになっています。また、リビングにおいては、セミプライベートスペースといった、利用者同士の交流やご家族様とのふれあいの場としての空間についても完備されています。

各居室においては、トイレが常設されプライバシーの保護においては充分配慮しております。また2階ホール、1階カルチャールーム、1階大ホールにおいて様々な催しや行事、イベント、文化活動が開催され、地域や利用者様との交流の場として活用されています。

環境面においては、自然に囲まれ、2階・3階・屋上から眼下に見渡せる和歌山市全域、岩出市街の景色や夜景はまさに絶景です。

  1. 食事
    栄養士の立てる献立表により、栄養士並びにご利用者様の身体の状況及び嗜好を考慮した食事を提供します。
    (朝食7:30〜、昼食12:00〜、夕食18:00〜)
  2. 入浴
    入浴日は月、木曜日、要介護認定を受けられホームヘルパーを利用される方につきましては最低週2回以上のケアプランを計画しています。
  3. 排泄
    排泄の自立を促すため、ご利用者様の身体能力を最大活用した援助を行います。
  4. 機能訓練
    機能訓練指導員(看護師)により、ご利用者様の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止するための訓練を実施します。
  5. 健康管理
    医師や看護職員が、健康管理を行います。

カルチャールーム紹介

喜和の郷内 カルチャールーム開放!!

喜和の郷に興味がある方、利用者の皆さんと交流を図りたいと思われている方達を対象にカルチャールームを開放致します。カラオケや手芸教室等の各種文化活動、その他地域活動等、内容は問いません。

詳細については、養護老人ホーム喜和の郷 073−462−7000まで、皆様からのご連絡をお待ちしています。

ご連絡先

詳しくはお気軽にご連絡ください

   TEL     073-462-7000

喜和の郷広報誌「喜和ステーション」掲載中!!

利用者の皆さんの様子が掲載されています。参考に是非ご覧下さい

入所申請

和歌山市高齢者福祉課にお問合せください。

→資料請求(こちらをご覧ください)

 

トップページへこのページの最初へ

養護老人ホーム
「喜和の郷」